f:id:katekyox:20210912120957j:plain

青空

こんな時、だからこそ!

 

こうへき、です。

 

仕事が忙しく、久しぶりに投稿します。

今回、子どもたちを教えて感じることを書きます。コロナ禍の状態が続き、教え子たちに疲れが見えます。昨年から続いているので学校も満足に通えていません。遠足がなくなり、修学旅行がなくなり、運動会がなくなっています。どこかに出かけることも制限されています。もちろん、受験のため思い切ってゲームをすることも出来ません。でも、入試は刻一刻と近づいているので、塾に通うか、オンラインの授業を受け、勉強を続けていかなければなりません。

 負のスパイラルに陥っているのでしょうか。子どもたちに覇気が感じられません。健気に努力していますが、どことなく子どもらしいオーラが感じにくくなっているのは、ぼくだけでしょうか。受験生みんな苦しい状況に置かれているのだろうと思います。

 こんな時、だからこそ、基本です。どうも、昨年から満足に学校に通えてないからか、基本が疎かになっている気がします。学校の授業は、普通に思う以上に大事です。なぜなら、塾でやらない基本的な勉強を丁寧に教えてくれるからです。ところが、その基本的なことさえコロナ禍で満足に出来ていないようで、これは小学校の先生方が悪いわけでなく、授業に割く時間が少ないのだろうと思います。だからといって、塾で改めて基本を集中的にやるカリキュラムは用意されていません。受験も少しずつ近いので、塾では、益々、応用問題に入っていきます。模試が始まっていますが、ぼくの担当の国語を例に挙げますと、漢字や語句、文法などの基本的なことに始まって、読解力がまだついていない受験生がチラホラいます。ヤバいよな、と思いますが、子どもたちを焦らせてはいけないとは思っています。

 こんな時こそ基本に立ち戻ることを保護者の方にお願いしてます。といいますのは、過去問題を解き始めているご家庭が多いですが、点数が取れなくてどうしましょう、ということになっているからです。過去問を解く意味は、志望校の出題パターンに慣れること、出題傾向から自分の苦手分野を見つけ出すこと、実践訓練をすることなどが主です。でも、過去問を解いて点数が取れなくて嘆く前に、基本事項がどれほど出来ていないかを確認しなければなりません。

 先日、こんなことを思っているのは、ぼくだけかと思い、友人の算数専門の先生に聞きました。最近、塾に入ってくる生徒たちの多くが、学校で習う基本的なことが全く出来ていないと嘆いていました。学校で習うべきところがスッポリ抜けているということでした。やっぱり、と思いました。過去問を解くことも大事です。でも、もう一度基本的なことが出来ているのか、いないのか。これは、四科共にです。もう一度確認して、空白状態になっているところを埋めることをお勧めします。

 

#コロナ禍  #学校の勉強  #基本的な知識  #基礎の強化